★今年良くきいたワールドミュージック(発売年月日問わず)

658581db.jpg
6df41cc9.jpg
ffe5e051.jpg
732aacb7.jpg

d1c330f2.jpg
f244c992.jpg
079c1424.jpg
8864539d.jpg

d745c68f.jpg
 ef868f47.jpg


Play With The Changes/4 Hero
イギリスのドラムンベースバンド4heroの07年発売のアルバム。ソウルやジャズ、ファンクとクロスオーバーする音楽。

Bass Culture/Linton Kwesi Johnson
ジャマイカ移民の詩人Linton Kwesi Johnsonの名盤。英国で暮らす移民の差別や貧困といった政治的メッセージを謡っている。

Arbol/Pernett
コロンビアのBECKなんてあだ名をつける人もいるらしい才能溢れるミュージシャン。
誰が聴いても楽しめる一枚

Caesura/Helios
オレゴン州ポートランド出身。エレクトロニカと生音をうまく融合させて幻想的であまりに奇麗な音作りをしている作品

Devla -Blown Away To Dancefloor Heaven/Boban Markovic Orkestar / Marko Markovic
バルカン半島名うてのトランペッター・ボバンマルコビッチ親子のCD。第一次世界大戦から今日まで常に戦乱の中にあった中を底なしの明るさで生きる
この国の人間が待つ矜持を感じさせる

Xinti/Sara Tavares
アフリカ・セネガルにルーツを持つポルトガル人女性シンガーサラタヴァレスのアルバム。
ソウル、ファンク、ボザノバ・・・歌唱力と多彩な音楽性を楽しめる

Ranking Dread In Dub/King Tubby
Dubを発明したと言われるキングタビーの名盤。ロックに例えるのならビートルズやフーのような存在

宇宙日本世田谷/Fishmans
1997年作。バックビートにのっかってを聴いているとトロトロなき分になってくる

Travelling Without Moving/Jamiroquai
97年にリリースされたJamiroquaiの3rdアルバム。12年経った今でも光るセンス。Virtual Insanityも名曲

The Ritmoloog Continues..../MICHAEL BAIRD
ザンビア出身のドラマー、マイケルベアードのアルバム。ミニマルな雰囲気。今年このミュージシャンのCDをとにかくよく聴いた