★2009年1月1日以降に発売した(日本で)ROCKアルバムランキング

1d461ce0.jpg
 224767d9.jpg
 71ab1f46.jpg
 7bf3531f.jpg

a8afb1b6.jpg
 78f6555b.jpg
 b792fbe9.jpg
 b27bc657.jpg

679bfb83.jpg
 8e81da1f.jpg


?21st Century Breakdown/Green Day
僕が中学生の頃はメロコアバンドの代表格だったがあれから十余年・・・すっかりベーシックなロックバンドに変貌を遂げた
この新譜は思った程売れなかったようだけど良盤だと思う。来年1月の日本公演も楽しみ

?Oracular Spectacular/MGMT
ブルックリン出身のサイケデリック・ポップ・デュオ。日本盤の発売が今年1月だったので挙げた。
ROCKファンもRAVEファンも楽しめるアルバム。人気が出たのも納得。

?Boy Who Knew Too Much/Mika
MIKAの2nd。ダニエルパウターもエリオットヤミンも一発屋で消えかかっているがMIKAは連中を尻目に今作も良い
売れるべくして売れているミュージシャン

?Tonight/FranzFerdinand
このアルバムを引っさげてフジロック2日目のヘッドライナーを務めた。現地でその模様を観ていたが鳥肌が立つぐらい良いステージだった

?Embryonic/The Flaming Lips
1983年アメリカ・オクラホマで結成。Radioheadとは違ったアプローチで21世紀型のROCKを創り上げているといっても過言ではない・
今作も26年目のベテランとは思えないほど新しい1枚。

?No Line On The Horizon/U2
腐ってもU2.U2が好きだから仕方ない。最近のボノに胡散臭さを感じつつもアルバムを出せば買ってしまう
2009年12月現在一度もLIVEを体験したことがないのが悲しい

?Humbug/Arctic Monkeys
前作までのアルバムに収録されていたのようなアップテンポの曲が排除されたアルバム。
CDで最初に聴いた時は戸惑ったが、武道館で聴くと良かった。デビューした当時はOasisのようなビックバンドになるかと思ったが独自路線に歩み出しそうな予感を感じさせる作品。

?
Exploding Head/A Place To Bury Strangers
ニューヨークで一番ラウドなバンドという触れ込みのバンド。1曲目のIt Is Nothingから狂ったようにノレる
近年復興しつつある轟音シューゲイザーな音。

?Shaka Rock/JET
オーストラリア出身の正統派ロックバンドJETの3rdアルバム。原点回帰を感じされる1枚。
フジロックのステージも迫力があった。

?Wavering Radiant/Isis
カオティック・ハードコアバンド、アイシスの新譜。ToolのAdam Jonesも参加している。
ミドルテンポの曲が殆どだが、とにかく重い。


★2009年1月1日以降に発売した(日本で)POPSアルバムでよかったモノ

b41097b0.jpg
 21183f48.jpg
 550bc1f3.jpg
 f2b1ea78.jpg


Fame/Lady Gaga
グラミー賞にノミネートされるぐらい大ブレイクを果たしたLady Gagaのデビューアルバム。
奇抜なルックスばかりが注目を集めるが歌詞も書かず譜面も読めず、当然楽器を弾けずステージは口パクという日本の可愛いだけのアイドル歌手が背伸びしても適わない確かな実力を持っている。ただブームは長く続かないと思う

Hands/Little Boots
Lady Gagaとは比較にならないが、今年ブレイクした女性ソロシンガー
歌も上手い(というか声が良い)ステージをみたことがにあがテノリオンを弾くらしい。New In Townを一時良く聴いた

Circus/Britney Spears

昔はただのアイドル歌手だったブリちゃんも結婚、出産、離婚をトリプルヘッダーで体験するという人生の荒波を乗り越えて
ミュージシャンに脱皮した印象を与える作品。PVも含めてWomanizerいいッス

Element Of Freedom/Alicia Keys
アリシアというとピアノの印象が強いが今作は色んな楽器を使って音作りをしている様子。
セールスも評価も全てを手にした人なのに、新しいことを取り入れようとする辺り本当に音楽が好きなんだろうな